体力を上げるということ

私は体力がなくて疲れやすい。けど??|子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」
http://ameblo.jp/jj-haru/entry-12210892751.html

私は健康を生業にしているので、自分に体力がないことを中々認められませんでした。

認めちゃいけないと思ってたし、証明しなきゃ!あげなきゃ!!って思ってた。

周りにいる仲間たちはもう惚れ惚れするレベルで「元氣」の生き証人してるし

そこと比べるとまだまだまだまだ…と劣等感感じてたと思います。

1年前、

落ちるとこまで落ちて、やっと認めた。

【私には何もない。生きる価値も意味もない】

何にもできない自分、今まで頑張って頑張って作ってきた自分をようやく手放せ、

そしてやっと、自分に集中して自分の世界に意識が向くようになった。

その過程で、

私は電車の移動で体力消耗が激しいんだな、とか

人のことばっか考えて思考ぐるぐる無駄なエネルギー使ってたんだな、とか

わかるようになってきたし

その結果

自己負担でフィが減ってもグリーン車に乗るようになったり(疲れが全く違う!!)自分の小遣いがマイナスになっても家の食材は欲しいもの・食べたいものを購入するようになった(生活クラブで買ってます・幸せ感ハンパない)

疲れ具合が大きいときと少ないときの差はなんだろう?これかな?と思っては排除したり。

一つずつ、見直していって今があるんだなぁと思った。
人によって体力あるないの個人差はもちろんあって、その差は結構激しいのも事実。

ただ、

体力レベルが極端に少ない人が、少ないなりにレベルアップさせることは出来る!

私はそれを知ってもらいたいしひろげていきたい。それがやりたい。
代謝だって体力必要。

痩せるにも太るにも体力必要。

細胞の入れ替えも、食べることも、しゃべることも体力は必要。

子作りにも妊娠にも生殖器ケアにも体力は必要。
疲れていてどん底まで落ちてる時はもちろん休むことが先。自分を見つめ直すのが先。自分を優先させることがとっても大事。
自分を生き出した時、体力は自然と回復するものなのかもしれない。

その時、食事が大きな追い風になるよ、と伝えたい。
それぞれのちょうど良いところに収まるから

ちょうど良い加減で「体力」も「回復力」も大きくなるし

体型も肌ツヤもちょうどよいところに落ち着く。
そう。他人と比べてじゃなくて自分のちょうどよいところにもっていく。

自分のちょうどよいところって、だいたい想定外だったりするので、十中八九は驚きの結果だったりするけど(あ、もちろん完璧に身体と対話できてるかたは そのままで大丈夫です)

それがまた楽しいんだな♬って毎回感じてます。
ーーー

今日は金田さんに施術をしてもらいました。

施術中、「頑張らないことを、頑張ってるねー」ってその通り😅

頭ガチガチだったのをゆるめていただき、身体も整えていただき、超スッキリです、!

赤子ともお腹触りながら対話してて、

もちろん私もそれを感じるので なんとも楽しいひと時でした。

「感覚でしかないけど、羊水めっちゃキレイだね」と言っていただき

素直に嬉しかった。

8年前と比べたら完全に不良。笑

何でも食べるし、夜更かしもしまくり。

ただ、「赤ちゃんのため!」は無くなり(前回はほぼコレ)、「自分のため♡」の行動・選択をとことん意識しています。産んでみないと、生まれてこないと実際どうかはわからない。でもあと4ヶ月このまま

「自分のため♡」を続けるつもりです。
食の軸は完全に出来上がっているので我慢も制限もなく、好きなように食べながら

食の面からも身体のケアはしておりますよ\(^o^)/

産むまでにもう少し体力あげたい!!

食べたいもの食べて、それでいいんだよ♪を体感するサービス

食べる断食 若玄米リセットプログラム

個人サポート・集団サポートともに承ります。講師が現在妊婦のため、妊娠中の方も歓迎です。

※妊娠5ヶ月以降で実践していたいだきます

母乳と食事について

こんばんは。

食の仲間から母乳について尋ねられ、あれこれやりとりした事を記そうかと思います。

最終的に「いいおっぱいとは何?教えて!」って言われたので、

ちょっと時間ちょうだいねーと言ったまま放置w(ごめんね

そもそも

あんま覚えてないよね

っていうのが正直なところです。赤ちゃんの頃の記憶もそうだし、母乳の事もあんまり覚えていない、、、うろ覚えで言葉にできない、、、そんなところです。
 

6歳です。料理してくれます💕夏野菜はご愛嬌
 

さて、

母乳についてあれこれやりとりして

ものすごーーーーく感じたこと。

みんな、自分以外の事を知らない。知らないから何が普通かわからない。食事で母乳が変化してもそれがいいのか悪いのかもわからない。

そんな方がめちゃ多いのかもな、と。

(※妊娠中、授乳中の方のリセットプログラムは変化が大きく楽しいのですが、現在は知人友人の妊婦・授乳婦さんのみ受け付けています)
例えば、

▷おっぱいが張らなくなった!!Σ(゚д゚lll)やばくない??

(それ、張らないのが正常です)
▷いつも溢れ出てくるのに、それがなくなった!食事足りてなくない??

(生後3,4ヶ月でさし乳が正常です。溢れ出るのは過剰です。)
▷歯が生えたら噛むよね。このやろーって思うよね

(おっぱいマズイのサインだよ。赤ちゃんがこのやろーって思ってるよ)
など。あげればキリがないし、永遠に続くわけですが

みんなみんな、自分しか知らないから

自分が変化した時に戸惑うんだな、と思った。

(ウンチの変化と似てるね。生理の変化も同じだね)


私が何で一般的なおっぱいを知っているかといえば
ーーー

働いていた料理教室で授乳中ママ数百人と関わった&いろんな話を聞いた、助産院であれこれ教わった、

私がどういう体質かも教えてもらったし(稀に見る過剰生産型らしいです)食事のアプローチも教わった、

料理教室で行われていたおっぱい教室に参加した、数千人のおっぱいケアに携わっているプロに、おっぱいについて母乳について教わった、助産師さんや、おっぱいのプロが書いてる本を数冊読んだ。

ーーー

今覚えているのはこんなところ。
とにもかくにも、赤ちゃんの状態を見ればどんなおっぱいが出ているか一発でわかる

というのをずっと聞かされていたので、

情報は参考にするけど

息子の状態を徹底観察して、自分の母乳の質?を判断していたように思います。

私は過剰体質&胃腸の力がまだまだ弱い上に胃腸が疲れていたので

おっぱいのトラブルはとても多く、何度泣いたかわかりません。
その度に助産院に駆けこみ、状態を見てもらってケアしました。
疲れている時(免疫下がっている時)は詰まりやすかったし、

「そろそろ、さし乳になってもいい頃だけどまだまだ生産過多だから、身体に覚えさせるために食事のボリューム下げてくれる?」と言われた後には見事にさし乳になったし(さし乳楽すぎて感動しました、、、)

不摂生したら時間差で子供にブツブツカサカサでたし、

そして、母のメンタルとも直結してたし。。




結局は

授乳してもしてなくても根本は同じで、

ただ、授乳中ならば食事による変化はめっちゃ早いですし、

何より子供見れば一発なので

わかりやすいとは思います。
メンタルも直結です。

もう一回言います

お母さんの気持ちもおっぱいに出ます。子供の状態に出ます。

だからストレス感じながら食事厳しくしても、中々結果でないこともあるし(出ることも多いけど)

つまるところ、

軸が一本通ってて、

気楽に楽しく生きてれば

大きなトラブルは皆無なんだと今なら思います。

授乳してても、してなくても根本や土台は一緒なんだもん。
変化の出方や疲れ具合は、授乳有る無しの女性では天と地程の差、がありますので

仕事としては友人知人のみしか受けていませんが(授乳中のリセットプログラムのことです)
根本は同じだよ〜


だから、ストレスなく楽しく実践してれば

整っていくよーー。
自分の状態や子供の状態をよーーーーく感じてみて。


思ってもみなかったとこに、サインあるかもしれないよ✨



答えになったか?

なってないか?

助産師さんではないので、個人的な言葉になるけど

いいおっぱいとは

ーーー

大人が飲んでも美味しい(美味しい米の味とよくききます

甘ったるくない

べたついてない

あったかい(溜り乳ならば冷たいよね

サラサラ

子供を見ても特にトラブルない(子供の状態、皮膚、便などを観察

ーーー

かな?(記憶が曖昧でして、すみません

こんな風に思ってます!
最後に!!!
おっぱいトラブル多い方!!!!!

めちゃ共感できます。辛いよね。

1つは胃腸の力が大きく関わります。よくモグモグして胃腸の筋トレしてくださいね。

お米しっかり食べて大丈夫ですからね。(咀嚼がポイント

コツコツトレーニングすれば強くなるよ!

食事中は赤ちゃん泣かせちゃって!!赤ちゃんは泣くのが仕事^o^

お母さん大事💕自分大事💕💕ご飯の時くらい、自分優先してあげてね。自分自身にね💕


企業様で食の研修を導入するメリット

大手町にある企業様で食の実践スクールがスタートしました。

日本健康食育協会として、講師はゆきよ先生、私はサポートで入ります

 

準備中♩
 
このコンテンツは株式会社大戸屋様の社員研修(食育研修)でも導入されておりまして

(個人的に、相当楽しい仕事です、、)
企業での導入の可能性というか、

ワクワク感ハンパないというか、
会社は社員を喜ばせたい・今より健康になってパフォーマンスあがってもらいたいなどなど

メリットはすごーく大きいし、

参加者様にとっても一生ものの知恵を習得するチャンスなので

みんなにとって喜びにしかならない、そんな研修だよなぁなんて思っています。
企業様ではまだ場数は10も言っていませんが、

場の雰囲気みてもすごくいいなぁ。こんな場を増やしたいなぁと

感じずにはいられません。

仕事中、食事の時間も確保できない人は「仕事ができない人」です。

これはゆきよ先生の言葉。

このスクール(コンテンツ)では、健康のための投資についても話がありますが、

お金を出してスクールを受講するのも投資。1番大事な投資は時間の投資です。

自分自身へ食事の時間を確保する。

自分のためだけに時間を作る。大事にする。

食事に意識を向ける。

今の自分に意識を向ける。
すごく、大切なこと。
食事は一生続くし、

単に食べるだけじゃなく

誰と食べてるか?どんな気持ちで食べてるか?

志向で判断してるか?本能で欲しているのか?
細かく見ていくと
食べることは人生を直結していることがよくわかる。
付き合う人変われば、食べるもの変わりますよね??

過去に灰色人生経験ある方は、その時って食事の記憶もあまりないのでは、、、??
まずは「今の自分を知ること」「今現在を明らかにすること」

ここがやっぱりスタート地点だな、ということも再確認できました。
これからスタート。3ヶ月後がとても楽しみです。