栄養素とか、代謝とか。

誤字と脱字、お許しください。

三ヶ月後に向かって様々なことを整理しています。
自宅のモノをかなり手放したことに始まり、
今まで続けてきた仕事も、一つずつ引き継ぎ、終わらせています。
(仕事の失敗談や恥話もたくさんあるけど、今日は割愛)

最後の最後に、
栄養学漬けになっていまして、

教科書を読み漁り、
フォトリーディングしまくり、
鉛筆で書きまくり、

フリーズの連続で、

臓器やら栄養素やら代謝をひたすらまとめたり、、
時には伝えたり、、、

そんなことをしていました。
その合間にミーティングや話し合いもしまくったので、初めての完徹も経験。(若いね〜w

ぜんっぜんまとまらなくて、

出来上がっては消して、やり直し、を繰り返し。

時間の概念もわけがわからなくなる、そんな日々。

(編集さん、ほんとにご迷惑おかけしましたm(__)m)

ライティングは二度と引き受けない、と誓ったのに

やるに連れてすごーーーーく楽しくて。

それはきっと、今後の未来に活用している姿が見えたからなんだけど。

栄養学の細かい話なんて、個人セッションでは一切不要。
でもわかってないと、セッションもセミナーもできないです。

臓器のことも、栄養素のことも、エネルギー代謝も、
そして臨床も。

全て糧になると思えたのでした。

あー、だからアザができるのか。
あー、だからあの人はうまくいったのか。
あー、だからこれが必要なのか。

その連続。復習なんですけどね。すっかり忘れていたので全部一からでした。

栄養学ってすごく楽しいな、と思った。

アンチ栄養素なところがあったので、勉強ずっとサボっていましたが、
このタイミングで復習できて本当に良かったです。

もちろん、これからも栄養素の話はあんまりしないと思うけど、
でも、把握しているからこその自信が、言葉に乗るんじゃないかな、と思います。

楽しかったー。