音を聴く右脳と言葉を受け取る左脳??

今日はオチのない文章。ただの覚書です。私は言葉?話?にストーリーがあると脳内インストールがうまくいって理解できるみたい。

右脳人間なんだな、、とよくわかった日となりました。

✳︎

今日はお話会なるものに参加。

お話会といっても朗読劇。しかも日露戦争後、ロシアと国家交渉した日本の外交官の生涯のお話。
(結論から言うとめっちゃ面白かったです)
私、歴史の授業大嫌いだったんです。

いや、そもそも数学と音楽以外はあんまりお勉強できなかった。

いわゆるバカでした。

で、

今日の朗読劇の初めの方、全く理解できなくて何言ってるのかさっぱりわからず困りました。

真面目にきいても、一生懸命きいても、言葉がどうしても理解できない>_<

音としか入ってこないのです。。。

(やばい、、、

学校の授業と同じだ、、、

そもそも私は長い間授業をこんな風にしか聞いてなかったんだ、、

全部音としか聴こえなければ、そりゃ理解出来んわな、、

成績悪いのも納得だわ。それにしても困った。あと2時間どうしよう。)
✳︎
朗読の言葉を、頭の中で復唱してみました。

(さっきよりはマシ!なんとなくわかる。よしこれだ、)

と思うも

全然楽しくない!笑
(これ、眠くなって寝るパターンだよね。

お話聞きに来たのに、脳内で音にしか変換されてないってどういうこと?

なんで普段会話はできるの?)
などなど
とにかく焦りまくりでどうにか言葉を受け取ろうと頑張ったけど無理。

諦めた。そのタイミングで

映像(スクリーン)スタート。

映像見たら、なんとかうまく切り替わりました。

ストーリーとして受け取ったのかな?
理由も原因も未だにさっぱりわかりませんが

初めは英語を聞いているようでしたw
あの映像なかったら、最後まで意味不明だっただろうな、、、。
(学校の授業と、同じだな、、、汗)
音楽、映像、身振り手振り織り交ぜた朗読会だったので

映像に救われたけど

音楽があったから音としか聴こえなかったのかなぁ
(最近は減ったけど、確かに昔はクラシックもジャズも洋楽も邦楽も全て音としか聴こえないので歌詞はさっぱりわからなかった)
私の脳は何を音と判断し、何を言葉と判断するのでしょうか。汗
右脳と左脳の切り替わりの方法、

なんかないかな。
それにしても人の一生をストーリーとして知るのはとっても面白かったです。

(最初はわかってないけどね)

こうやって勉強したら

ちょっとは成績も良かったんだろうな。
一回話聴いただけで、残ってるもんな。(昔の自分に言ってやりたい。一回で理解出来たぞ。と。笑)
自分も話を伝える事が多いので、

ストーリーもっと意識してみよう。そんな夜となりました。

あー楽しかったー。