子供の食育について。

「食育」ときいてどのようなことイメージしますでしょうか。

野菜を食べるイベント?

料理教室?いろいろあるかと思います。

とあるファーストフード店の食育を知った時に、((ただのプロモーションじゃん、、また依存者が増える、、))と思ったのは内緒です。
食育ってなんでしょうね。

もうざっくりしすぎててわたしもうまく説明できないです。
ただ、

からだって食べたものからできているんだよー!

ってことを知らない大人、知っていても意識していない人はとても多いです。

まずは

自分自身、いままで食べたものからできているんだ!過去の食事の結果が今なんだ!

という事からスタートな気がします。

目の前の食事は自分の一部になる。そんな意識で

大事な大事な子供の食事を準備する。

もうそれだけで完結しそうですが、もう少し深めます。
食事は肉体の材料となりますが

体力・集中力・精神力・心の安定にも繋がります。

とくに子供はてきめんです。めちゃわかりやすいです。
運動が好きな子、音楽や芸術が好きな子、様々だと思いますが、

わたしはこれら全てアスリートの分野だと思っていますので「アスリート」として進めます。
※音楽家も芸術家もスポーツ家も体力、集中力、精神力は必須ですよね
でですね、

この才能豊かなアスリートの子供たち、

なんと夢半ばで挫折する人が多いらしいのですが

その理由が!

なんと!!

体力が続かない(はい、これ食事です)

疲れて勉強できない(はい、これも食事です)

成績が落ちた(はい、これ上記に繋がり、改善します)

怪我(回復力と代謝は食事で大きく変わります)

なんです。

悲しいかな、日々の食事でカバーできるのです。
運動に力入れすぎて成績が落ちるのは、勉強する体力が残っていないから。

集中力上がればパフォーマンスも格段に上がります。

怪我をしにくい、しても回復の早いからだになります。

これ、

自分の子供が頑張っている

サッカーやバレエ、体操等の運動系、音楽、芸術、、、全てに当てはまる事だと思います。

毎日の食事でカバーできる事なのに、

知らぬまま夢を諦めるのはあまりに悲しい。

日常でコツコツ、トレーニングできるんです。

ちゃんと底上げできるんです。

そして!!!
これらの底上げのために

毎日毎日ご飯もぐもぐモリモリ食べていくわけですが、
小学生が大事!!!!!!!!!


小学生からやるといい!!!!!!!


大きくなってから食べようと思っても食えない子が多い!!!!!!


食べられないと動けない!!!!悪循環!!!!!





という事で、
子供に対して食べたら太る!食べないでほしい(T_T) とか言っちゃってるそこのあなた、わたしのとこへ来てください。その思考壊します。本気で危険な思考です。子供の夢をぶち壊します。その自覚が必要です。




えっと、結論。

まずは「からだは食べ物でできているんだよ」と伝える事、親も自覚する事。それが食育のスタート。

具体的には日常の主食をにする事。パンとか麺等はたまにで結構。

米はおかずよりも多く食べさせてください。

(理由は今は書きませんが、おかず多い食事はバランス悪いです。)
書いていて思うけれど

やはり大人の食育が大事だよなー。。
書きたい事がありすぎる。

今日はここまでです。