胃腸を鍛える&胃腸に負担をかけない

胃腸をしっかりと使う(鍛える)
ことと、
胃腸に負担をかけることは

別物です。

負担をかけずに、鍛える事がだいじ。

胃腸の力がグングンあがったら、

沢山食べても
ちゃんと消化できて、吸収できて、排出できます。

体温も上がるし
代謝もよくなる。

私は、産後のために胃腸の力を上げておく事が
かなりかなり大事だと思ってます。

(おっぱい量産→お腹すく→食べる→量産のループ)

胃腸の力が弱いままだと
食べられない→材料足りない→おっぱい足りない→胃腸疲れる→免疫低下・疲れやすい、の、ループ。

いわゆるファスティング、断食してリセットするのは
強烈な効果をだしますが、
リスクもあります。

病気の人が専門家(ほんとに専門家といえる専門家はあまりいないと感じます)の指導のもとに行うのは
ありだとおもう。

でも、美容のため、体質改善のために安易に手をだすのは危険だと
思っています。

ガタがくるのは産後、もしくは老後です。

酵素の効果も素晴らしい。認めます。
でもそれを軸にするのは
危険です。

食事があって、プラスするもの。
エッセンスです。

まずは食事。

同じ理由で、スムージーなどの液体ばかり取り入れる方も
ちょっとキケン。
ご飯大盛りは、食べられない・もたれる・重いと感じませんか?

食べすぎ翌日のもたれている日ならスムージーまたは絶食OKですが、
日常的となると、長い目でみればリスキー。

老後、固形物食べられなくなる日が早まります。
そうなると、認知症や寝たきりのリスクが一気に上がる。

いま食べられなければ、
老後元気でいられません

きちんと咀嚼すれば、酵素も活性化します。
量より食べ方。

そういうこと、体感していただくための食べ方ワーク、
定期開催していきますね。

PS
酵素八十八選(ドリンク)を、エッセンスとしてとりいれるつもりです。野草の力がどれだけすごいのか知りたいというのもあります。
いままでは、たまーに。。。だったので、日常的に試してみます。
オチョコ一杯だしね!

雑穀+分づき米は大盛り変わらずいただきます。

自分実験は、楽しい。