血液の状態と量

ただひたすら眠い・時にダルい、気持ち悪くなった時は食べれば治る。

嘔吐などは一度もありませんが(息子の時も無かった)

これが私の悪阻なのかもね。
「大丈夫ですか?」と訊かれるので、「ひたすら眠いです、」と答えています。

「お腹に血液集中しているもんね。育ってるって事だよ。」と言われ、

そっかぁーと思った。
実は昨日のこんにゃく温湿布の直後、貧血症状(目の前がキラキラ✨)がでっかく出た。

クラクラもしない。気持ち悪くもない。でも目の前にたくさんの星が出てた。

臓器に血液集中してたからかな?と思ったんだけど、
この調子だとあっという間に血液不足起こすな、、、なんて思うわけです。
しっかりと血液を作り出す事、血液をまわすことって

妊娠していなくても

とてもとても大事。

血液量が増えると身体の重さも増えるけれど(サイズは変わらないよ)

血液の状態と、血液量が良くなれば身体の不調は根本改善するとも思う。

妊娠期は自分の中で人間1人育っているわけだし、

相当の血液量が必要になるのも想像できる。
そのためにも胃腸が元気であることが大事だし、

血液の材料である「食事」を取り入れる必要がある。
今の自分はもしかしたらギリギリのラインなのかもしれないな、というまだ仮説だけど思った次第です。
これに関しても

やっぱり日々の日常の積み重ねに尽きるよね。
体重気にして食事量(特にご飯)減らすのは、論外。

もちろん身体との対話が前提ではあるけれど、

身体の重さを気にして血液や赤ちゃんの材料を減らす・質を下げるのは違うと思う。
私はしっかりと血液作りたい。3ヶ月はかかるから長期的な視野が必要だけどね。だからやっぱり

日常の積み重ねだなとそこに行き着く。

【残席2】食の実践スクール
7/12燃焼力
7/26排出力
8/9 代謝力
8/23食選力
9/6 胃腸力
隔週火曜日14:00〜16:00
場所:東京都港区(お申し込みのあった方に詳細をおしらせします)
合計27,000円(テキスト代・修了証込、事前振り込み一括のみ)
お問い合わせ・お申し込みは問い合わせフォームよりお願いします