食べながら断食する方法 その1

「食べたいものを食べる」

それだけで、からだはどんどん元氣になると本気で思うし 人にも伝えています。

すべての答えは自分自身の中にある。だから知識なんて一切必要ない人もいる。

(私の大好きな子宮委員長はるちゃんは代表的な人♡)

でも現代、

自分の食べたいものすらわからない人が多い。

食べたいものたべなー!「幸せー!!」って感じるものを選ぶんだよ、と言ったところで

フリーズしちゃう人も多い。

(「で、何食べればいいの?」という質問が返ってくるw)
だから、あえて「食べない」「断食」という方法で自分の本音や欲求と向き合おうよ、というやり方があって、これは確かに有効だと私も思う。大切な1つの方法。

ただ、

声を大にして言いたいのは

しっかり食べながら(むしろいままでの倍くらい食べてもらいながら)カラダをリセットし、欲求や感覚を感じる方法があるんだよ

ということ。

体力ない人や虚弱な方が安易に断食すると

バタンと倒れたり、免疫下がりすぎて病気になっちゃったりと

そういうケースはかなりあります。

私がもともとそういう体質だったから、情報が集まる・という事も考えられます。
エネルギー大放出♬三日抜いても元氣♬な方なら全く問題はなく、むしろ断食・ファスティング・プチ断食はいい事しか無いかもしれません。

とはいえ、

断食・ファスティング万歳!みんなやりなよ♬という流れに危機感感じるのは正直なところです。

どんな人でも通じる理論というのが本質・ホンモノだとも思うので

子供でも妊婦でもできる「食べながらのリセット(食べながら断食する方法)は

やはり本質ついてるな、と思うし、万人に勧められる体内リセット方だとも思っています。


↑大盛りご飯♪
1人目を出産した後、自分を無視し続け 理論と理想を優先させた結果私はボロボロになりました。

つい最近、この数年のことを話したら

「よくぞ生きていてくれました!!」「その状態から自然妊娠は奇跡です!!」と妊娠の専門家の方に言われました。びっくりしました。

あれ?そこまで落ちてたの?生きてることが奇跡なレベルだったの?

確かに体力はなさすぎるし、妊娠前と人相も変わったし、原因不明の咳は止まらないし

食べられないし、誰にあっても「カラダを大事にしなさい」と言われてたし、

食事をやってもなかなか思うような結果が出せずに落ち込む事も多かった。

健康を生業にしている私が、見るからに不健康なのは自覚してた。

でもまさか生死に関わるレベルで虚弱になっていたなんて、正直びっくりでした。

バセドウ病も自力で治癒したし、あり得ないレベルの脱毛だって消えた。食べられずにばててた頃に比べたら動けるし、産後20キロ太ったカラダ(産後に太りました)も戻ってるじゃん…と自分を客観視してたつもりだったけど

全然見れてなかったんだなーと知った瞬間でした。
1人目妊娠から現在まで、時間は確かにかかりました。それでも「治療」をせずにここまで持ってこれたのは

食事の土台があったことと、自分と向き合う事ができたから。

(治療すればもっと早かったなら、さっさとすれば良かったな、とは思います)
今は食べられる事が本当に幸せ。

食べてもちゃんとお腹がグーグーなる事が幸せ。

動ける事が幸せ。とっても幸せ。そう感じる事が格段に増えています。

何を食べたっていい
そにための理論がある。

食と健康の本質的な理論は自分のカラダを全信頼するためにある

私はそう思う。

罪悪感しか持てなくなる食理論なんてなくなればいい。

全ては何を食べたっていい、というところが腑に落ちるための理論だから。
自分自身が理論のおかげでここまでこれたから。

だから沢山の方に拡げたい。食べていいんだよ、って知ってもらいたい。

私は今、妊婦です。25週、7ヶ月に入っています。

なんでも食べます。

食べたいと思ったものに一切の制限をかけないのでどんなものでも食べます。
欲求が無い時にはご飯と味噌汁とおかずです。染み渡る美味しさ&幸せ感に包まれます。

なぜそれでいいのか?

その説明は理論に全て詰まっているんです。


↑ご飯一食で1合♬仕事(講師)の後だったけどおかずも一緒に完食です。
体重は妊娠前からプラス4か5キロくらい。

自分の血液量をもっともっと増やしたいから、体重はあまり気にしてないけれど

食べなきゃ「血」の材料確保できないのでもっと食べられるようにしたいな、と思っています

食べたいもの食べて、それでいいんだよ♪を体感するサービス

食べる断食 若玄米リセットプログラム

個人サポート・集団サポートともに承ります。講師が現在妊婦のため、妊娠中の方も歓迎です。

※妊娠5ヶ月以降で実践していたいだきます