普段人に言えないテーマで対話してきた。【夫婦のお稽古場~めおとBAR~】

夫婦についての対話の場【めおとBAR】に参加してきました。

主催は山口佐貴子さん。以下、佐貴子さんのHPより、めおとBAR案内抜粋

 

でも、夫婦って形じゃなくて、在り方だとおもう。

どう自分は自分の人生を生きていくのか? この人とどう生きていくのか?
それは自己主張であり、融合であり、折れることであり。

それが愛であり、あきらめであり、あきらめという深い愛、だったり。
それは、終わりのない二人で一緒に熟成していくストーリー。

そう、私達は夫婦というつながりを通して、
自分自身をもっともっと知ることができる。

夫婦になったからこそ出会う自分の感情、
自分の本音が山もりあるのです。

でも相手になかなか言えなくて、黙っていることも多いよね。
遠慮とも言うし、愛とも言うし。。。

でもどうしてこんなに意見がすれ違うのか?? 
疑問に思うことも多々ある男女の思考。

それは脳の構造上の違いにも一因があります。
最たる違いは脳梁の太さ。
男性より女性の方が1.2倍太いというのです。

右脳・左脳を繋いでいる神経の束である脳梁。
この太さの違いにより脳の情報伝達が違うのです。
よって理解も感情も事なる。
ですから男女はお互いを理解しようと努力しないと
相容れない生物なのです。

さて世の中を渡っていくためにも世の中の半分に相当する
異性の対応は知っていた方がいいに決まってる。

だからこそ、人間関係の最小単位の夫婦という中で、
心から語り合える関係性を創るお稽古をしよう。

語ってみようか! もっと信じつながれる夫婦になるために。

ここでの語りは深く、深く自分を知ることになり、
人を理解することになる。

それがあなたの人柄をより優しく、成長させるきっかけになるよ。
異性をより理解できる、たおやかな人になれるよ。

 

引用ここまで(全文はコチラに)

場を信じられる人が集まっていたのだと思います。

殆どの人は初対面同士だったそうですが、安心の場が完全に出来上がっていました。

 

中々人に言えない内容を本音で語り合う数時間。それはそれは学びのある貴重な時間でした。

 

人に話して改めて得た気付き。それは「私は今よりももっと幸せになりたい」ということ。これは自分にしかわからない事ですが大きな気付きとなりました。

そして、もっとリアルな対話の場は絶対に必要!と強く感じたのも何か意味があるんだろうな。

皆悩んでいる。そして人に言えずに苦しんでいる。そういう人がいっぱいいるんだって、思ってしまったので、

 

 

私ができること・・・それはリアルに会う場を創ること。

そして、いろんな人にインタビューして音声配信すること。

 

それが一歩踏み出すきっかけになれたらうれしいな。だから音声どんどん録っていきます。

 

決意!

 

PS

めおとBARはこれからも定期開催してくようです♪興味のある方は佐貴子さんのHPをチェックしてくださいね。